成長サプリ ランキング

愛する子供の為に!おすすめ成長サプリランキング【保存版】

 

普通が一番だと思いながらも、子供がスポーツなどを始めると体格差が気になってきますよね。

 

特に小学生〜中学生にかけての運動は、体格の良い子が有利に働いてしまいます。一生のうちで、成長期は限られているから、出来る限りのことはしてあげたいのが親心です。

 

ちょっとでも大きく育ってほしい親の気持ちをサポートする成長サプリはいかがでしょうか。

 

 

子供の成長に必要なものとは

 

 

 

子供が成長するために不可欠なことは成長ホルモンの分泌です。

 

成長ホルモンは大人になっても分泌を続けていますが、骨を伸ばすという点だけを見ると、男女共に、長くても18歳頃までには終わってしまいます。そして成長ホルモンを分泌させて、骨や筋肉を育てるのに必要な要素は3つあります。

 

食事・睡眠・運動です。

 

体格や身長は遺伝というイメージが強いのですが、遺伝として受け継がれるのは25%程度だと言われています。75%は食生活などの生活習慣という外的環境によって変化するのです。両親が小さいから大きくなれないと諦めるのは早いのです。

 

 

3大要素について

 

成長に必要な3つについて、もう少し掘り下げてみていきましょう。

 

食事・栄養

 

体格を作る上で、バランスの取れた食事は欠かせません。特に以下の栄養素をより摂取することが重要だと言われています。

 

 

1 たんぱく質

 

肉・魚・大豆・納豆・卵などに含まれています。

 

骨・筋肉・血液の材料となり、体作りの根幹になります。たんぱく質というと太りやすいというイメージがありますが、それは脂質を一緒に摂っているからです。肉ならば脂身が少ない赤み部分や皮などを除くと、低カロリーになります。また、カツオやサケは肉よりも高たんぱく低カロリーです。

 

 

2 カルシウム

 

牛乳・乳製品・煮干し・干しエビ・小松菜などに含まれています。

 

骨を丈夫にする働きがあります。カルシウムは体の吸収しにくい栄養素で、最も吸収率の高い牛乳でも50%程度しか吸収しません。ですから、カルシウムの吸収を良くするマグネシウムやビタミンDを一緒に摂取することが望ましいです。

 

 

3 マグネシウム

 

ごま・アーモンドなどのナッツ類・あおさなどの藻類などに含まれています。骨や歯の構成成分です。カルシウムの吸収を助け、たんぱく質の合成にも関わっています。尿や汗として体外に排出されやすいミネラルです。

 

 

4 ビタミンD

 

サーモン・さんま・いわしなどに含まれています。

 

カルシウムの吸着をスムーズにして、骨に沈着させる効果があります。日光を浴びることでも体内で合成することができます。日本人女性は諸外国に比べて、紫外線を避ける意識が強く、こまめなUVケアを行っていることから、ビタミンDが欠乏状態になっているという報告が上がっています。適度な日差しも必要なのです。

 

 

5 亜鉛

 

牡蠣・レバー・牛肉・チーズ・卵黄などに含まれています。

 

たんぱく質の合成や新陳代謝を促進する働きがあります。ストレスを感じると亜鉛を消費したり、汗とともに流れ出たりするので意識して摂取したい栄養素です。

 

 

睡眠

 

成長ホルモンの2/3は睡眠中に分泌されています。しかも単に寝れば良いのではなく、良質の眠りが必要です。

 

特に22時〜2時の4時間はゴールデンタイムと呼ばれています。なぜならこの時間帯に成長ホルモンの分泌が最も活発になるからです。成長ホルモンが分泌を始めるのは21時頃で、そこからピークが2つやってきます。夜中の1時前後と入眠後の1.5時間〜2時間です。この時に深い眠りについていると、さらに成長への相乗効果が期待できます。

 

 

運動

 

バレーボールやバスケットボールをすれば身長が高くなるからという理由ではありません。

 

ジャンプをするような運動によって身長は伸びませんが、運動によって体が疲れるので、食欲が旺盛になったり、入眠しやすくなるという働きがあります。ただし、筋肉を鍛えすぎたり、ハードすぎると成長ホルモンが体の修復にばかり働いてしまうというデメリットもあります。

 

ただ、優先順位は食事と睡眠よりも下位ですし、身長を伸ばすために、子供が頑張っている部活や運動を制限するというのは本末転倒なので、ケガに注意する程度で良いでしょう。

 

 

成長サプリメントの使い方

 

 

 

食事に気を使っていても、好き嫌いもありますし、栄養にばかり気を取られていたら、親も子供も疲れてしまいます。やはり食事は楽しく摂りたいものです。そんな時、成長サプリを使えば、不足分の栄養を補うことができます。

 

ただし、成長サプリには、効果的な年齢というものが設定されています。思春期に子供も小学生用のサプリを与えても効果は出にくいです。対象年齢のご確認は忘れないようにしましょう。

 

また、家庭料理でなかなか摂っていないと感じる栄養素が多く含まれたサプリを選びましょう。口コミも大切ですが、それぞれのライフスタイルに合わせることが大切です。

 

 

オススメの成長サプリTOP3はコレ!

 

アスミール

 

 

 

牛乳と混ぜるとココア味になるので、牛乳嫌いのお子様でも飲めると評判のアスミール。

 

小倉優子さんのお子様が愛飲されていることでも有名になりました。体に吸収しにくいカルシウムの吸収率を上げるために、魚骨焼成カルシウム・胡麻ミネラル・ドロマイトという相互作用のある3つのカルシウムを配合しました。

 

さらにはビタミンDや鉄分なども豊富に含まれています。効率良く、濃密に吸収してくれるので、骨密度の高い良質の骨づくりへと導いてくれます。

 

 

 

 

フィジカルB

 

 

 

スポーツ指導者も太鼓判を押しているフィジカルB。水に溶かすとマンゴーミックス味のジュースになるので、ごくごくと飲みやすい成長サプリです。

 

主要成分にスピルリナを採用しています。スピルリナは成長期に必要な50種類以上の栄養成分が含まれているほど、栄養豊富な植物で、スーパーフードとして注目を集めています。たんぱく質は卵の約5倍、鉄分は人参の450倍も含まれています。1日に必要な野菜の栄養素を1杯で摂取できるので、野菜嫌いでお悩みのお子様にもぴったりです。

 

 

 

 

ノビルン

 

 

 

水や牛乳など不要のタブレットタイプの成長サプリです。

 

卵からヒヨコが孵化するのにかかる期間はたったの約21日です。この成長の早さの秘密は卵黄に含まれるペプチドが骨の成長を促進しているからと発見されました。骨にちなんでボーンペップと名付けられ、今では骨の成長や丈夫な骨を作るための有効成分として、成長サプリに限らず広く使われています。

 

ノビルンもボーンペップに着目しました。さらに、ビタミンDやカルシウム、マグネシウムなどの骨の成長に必要な栄養素をぎゅっと濃縮して配合しています。たった2粒を食べるだけなので、作る必要がなく、おやつ代わりに手軽に食べられることが人気の理由です。

 

 

 

 

まとめ

 

子供の成長には基本的な生活が第一にあります。成長サプリはあくまでもサポート係です。

 

しかしサポートがあるだけでも、心にも余裕ができます。成長期は限られています。ご紹介した成長サプリは継続しやすい価格帯なので、お悩みならば、早めに取り入れてみてはいかがでしょうか。